HOME | ウクレレを選ぼう! | ソプラノロングネック

フレット数が多くソロにも弾き語りにも!

ワンランク上の「ソプラノロングネック」

ジャムズウクレレのオリジナルモデル。10万円超えのサウンドがなんと!

ボディーの大きさはソプラノサイズで、ネックの長さがコンサートと同じというのがソプラノロングネック。弾き語りからウクレレソロまでマルチにこなせるウクレレです。1本目からソプラノロングネックを使っても構いません。上達後も長く使うことが出来るはずです。このサイズのウクレレを販売しているメーカーは多くありません。特徴としては14フレットでジョイントされている事。ソプラノウクレレの場合は12フレットでジョイントされています。2フレット多いことになります。そのため高音部まで弾きやすく上級者になっても使うことが出来ます。ボディはソプラノサイズになっていますから、ウクレレを抱えたときに大きすぎず、ゆったり余裕をもってウクレレを固定できます。手が長い方、体格が大きな方には少し物足りないかもしれませんが、多くの日本人の体系にマッチするサイズです。

色んなソプラノロングネックウクレレを見てみましょう!